[PR] フランチャイズ そうだ、鳥見に行こう 2009年03月
FC2ブログ

社会人になったけど、切羽詰りすぎ。

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.29

category: 未分類

オガサワラ珍道中その6。

さてさて、これで小笠原珍道中もラストです。
ラストは写真はありません。
なんでかって?
まぁ、焦らずに記事を読んでくださいな。


この日も4時半ぐらいに起きて、準備し始めます。
しかし、船がえらく揺れて既に吐きそうです。
つか、吐きましたけどね!
顔を洗っていると、
「ドゴン!!!」
という大きな音共に揺れもありました。
ありえんやろ、「ドゴン!!!」って!!

あ、前日に出た鳥の話しをおちはるにしたんですよ。
「そういや、昨日ラストに出た鳥はクロウミやと思うよ」
「クロウミ……スズメ?」
思わず埴輪顔になりましたとさ。
そうだ、この人は、母島でムナグロがわらわらいるから、ちょっと期待を込めて、
「こん中にアメリカムナグロがいるかもねー」
と言ったら、
「何それ?」
とばっさり斬ったんだ……。
私よりも鳥歴長いんやったらそれぐらい知っておいてほしかったとです……。

閑話休題。

吐き気と睡眠不足で朦朧として、デッキに出ようとしたら締め出されました。
それで、どこか窓から観察できないかと船内を彷徨いましたがいい場所がありません。
ちくしょーめ。
パンピーはすることなけりゃ部屋で寝てろ!!!
どう毒づきたかったのですがが・ま・ん。
窓越しに観察しようにも波しぶきでほとんど見えません。
だって、双眼鏡ですらピントが合わせられないんですよ?
やってられませんよ。
それでも根性で観察していると、えらく人が集まります。
そして写真自慢もされます。
ああ、そうですねー綺麗に撮れていますねーそりゃNikonD300で純正レンズならそれぐらい撮れないといけませんよねーとどんどん心が荒んできます。
そりゃそうだ、私は鳥を見るために来たんだからね。
鳥も出ないので私はさっさと部屋に戻って不貞寝を決め込みます。
こう、私よりもスキルのある生き物屋なら話したかったのですが、カメラマンばかりでしたのでうんざりしていたんですよね。

あ、私の中で「生き物屋≠カメラマン」ですからね。
知識とマナーを持った人ならウェルカムですんで。

午後からなんとかデッキに出られるようにはなりましたが、観察時間が短いのでどうもこうも種が伸ばせません。
あ、でもイルカは見られましたよ。
たぶん、バンドウイルカとかかな?
やっとこさ東大出版の鯨類ハンドブックが役に立ちましたよ。

鳥が出ないと一気にテンションが下がります。
そんでもって、東京港に入ると出発前の不安感がぶわーと押し寄せて泣きたくなったんですよね。
ああ、もうどうしようどうしようどうしようとなっていたわけです。

全体的にローテンションで観察時間も短かったので、どうにもこうにもならなかったとです。
写真もあんまし撮れませんでしたしね。
だから写真はありません。

【記録】13:30?15:30
コアホウドリ・オオミズナギドリ・ハシボソミズナギドリ・カワウ・トウゾクカモメsp.・ウミネコ・カモメ・セグロカモメ・オオセグロカモメ


そんなこんなで小笠原珍道中は終了です。
惜しむらくはシラオネッタイチョウの羽が手に入らなかったことでしょうか?
ああ、ほしかったぜ。

会社に入る前になんとかこれが終わってよかったです。
あ、社会人になってもこのブログは続けていきますので、よろしくです!!
更新頻度は今よりもがくっと下がるでしょうがね。
スポンサーサイト

2009.03.29

category: 未分類

小笠原珍道中その5。

お久しぶりです。
なんとか落ち着いたのでブログの更新でもしていこうかと思います。

ではでは、3月11日の話ですよ?。

この日のおがさわら丸で東京に戻ることになります。
ちくしょー、もっと遊びたかったぜ。
というか、もっと生き物を探したかったとです。
いつもどおり、日の出前に行動を開始しましたが、あんまし収獲はありませんでした。
あ、カツオドリのポイントと時間が分かったのでそれはなんとか観察できましたよ!
でも、遠すぎて写真は無理やったとです……。

P3110497.jpg
港には片足だけになってるムナグロがいました。
この子は足が片方ないのか、それとも隠しているのか良く分からなかったんですよ。
たぶん、ないのかな?
うーむ。


P3110502.jpg
ああ、こんなにもキョウジョシギが近いのもこれで終わりなのですね……。
悲しいとです。


P3110548.jpg
こ、これは……セグロカモメか?
でも、初列に縁取りがあるように見えるからオオセグロにも見えてしまいます。
うーん、でも顔はセグロ。
どっちなんでしょうか?
よくわからんとです。
難しいよ!


ふらふら彷徨って朝御飯を食べたら、急いで片づけを終わらせます。
それからもふらふらと鳥を見て回ったりお土産を物色したりして時間を潰します。
結局、私はオガサワラノスリのまともな写真が撮れなくて悲しいとです。
ああ、もう!
しかも今日の夢でめっさ白いノスリが出てきたんですよ。
あれは、オガサワラノスリを見たいという私の願望に違いありません。

とりあえず、ははじま丸に乗ります。
しかし、揺れる揺れる。
揺れすぎて酔いましたもの。
鳥も出ないですし。
吐く→水を飲む→吐く
といったことを3?4回やったような気がしますもの。
それでふらふらになりながら、デッキに出るとやっとこさ鳥が出てきた!

P3110618.jpg
ばりばりのオナガミズナギドリ!!
この日は波が荒れているおかげなのか、ナギドリが近い!!!
もう大興奮で観察&撮影ですよ!!!


P3110625.jpg
わらわらわら……。

ナギドリ類でお腹いっぱいになって、いつの間にやら酔いもなくなっていました。
いい体質です。

んで、父島では食糧を買ったり、あのネッタイチョウがどうなったのかを知りたかったのでビジターセンターに行ったりしました。
「野鳥の会の方ですか?」
と言われましたので、とりあえず肯定しておきました。
本当はね、もし死んでいたら
「その死体をください」
と頭を下げる気満々で行ったんですよ。
そしたら、
「回復していますよ」
と言われて、心の中で舌打ちをしました。
ああ、せめて羽ぐらい欲しかったなぁ……。


さて、なんとかおがさわら丸にも乗ったので観察準備です。
出港したばかりは人が多いですが、なんとか観察する場所を確保して観察していきます。
しかし、私はこの辺りの記憶が曖昧です。
なんでだ?
ああ、でも、セグロっぽいのは見ましたよ。
小さいのが飛んでいましたしね。

この時は早稲田の鳥をやってる人もいて、その人に色々教えながらやっていたような気がします。
いえね、がっつり訊いてくれるから面白くなってがっつり教えたくなるんですよ。
あの人は知識と経験があれば、もっと伸びるわ。
ガッツがありますからね。

そういや、最後の最後に小さいのが3羽飛んでいました。
ナギドリにしてはえらく頭が丸いし、小さいなぁ、と思いながら観察。
これは噂のコミズナギか!?となりましたが、なんてことないウミツバメ類でした。
そりゃね、ソアリングが入らなかったからおかしいなぁ、と思ってみていましたもの。
繁殖地とか観察時間とかを考えると、クロウミなんでしょうな。
えらく、翼先が尖っている印象があるからオーストンとも迷いましたが、観察者が私独りしかいなかったのでどうしようもなかったとです。
ああ、本当にたまむさんとかザキビタクラスの人間がいてくれりゃ、こんなに懊悩しなくて済んだのに……!
ま、クロウミツバメでしょうな。


【記録】
母島5:00?7:20、9:00?10:00
カツオドリ・ダイサギ・チュウサギ・アマサギ・コサギ・ノスリ・ムナグロ・キョウジョシギ・セグロカモメ?・ツバメ・イソヒヨドリ・トラツグミ・ウグイス・メジロ

母島?父島航路10:30?13:00
クロアシアホウドリ・オナガミズナギドリ・セグロミズナギドリ

父島?竹芝桟橋航路14:30?17:30
クロアシアホウドリ・オナガミズナギドリ・セグロミズナギドリ・クロウミツバメ・


ライファーは色つきで2種!

次でラスト!!

2009.03.23

category: 未分類

小笠原珍道中その4。

3月10日のことですよ?。

この日も頑張って夜明け前に行動できるように早起きです。
頑張って評議平まで歩いたのですが、何にもいなくてしょんぼりしていました。
それにしてもこの日は風が強かった!

P3100433.jpg
ムナグロたちは皆こんな風に影になるような場所で休んでいました。
風が強すぎてぶれまくりだったのが痛いとです。

遠いところから見ていたのですが、芝生の上でなんかちょこまか動いてる!
ムクドリか!?

P3100452.jpg
キョウジョシギでした。
あいつら芝生の上でも飯を食べるんですね……。
知らんかった。
朝食前には戻って、それから朝飯です。


さて、この日は乳房山に登ることになっていたのですが、正直乗り気ではありません。
だって、山って疲れるんですよ!
しかも鳥が出るのか謎な状況なのに……。
カラスバトも出るかもと思いましたが、
「最近は見ないねー」
と言われてテンション急降下。
それでも登りましたよ。
んで、結論から言えば死にました。
ああ、私は山は嫌いなんだよ!
悪いか!?
しかも、最初の東屋で
「早く来てください?」
と言われて
「ああん?」
と柄悪く答えてしまいましたし。
それぐらい疲れていたんですよ。
それからは豪雨を東屋の中で過ごし、1時間ぐらい足止め。
その後はぬかるんだ赤土や落ち葉の上を歩くので転ぶ転ぶ。
下りは滑って転び、登りはふっばりが効かずに転ぶ。
何回こけたのかわかりませんよ。
もう、レインウェア着ていて正解やったわ……。
そんでもって、あちはるは昼飯をユースの台所に置き忘れてしまうし……。
なんだ、呪われているのか?


下りの最後のほうでようやく出てくれましたよ。
P3100475.jpg
メグロちゃん!
やっと、まともに鳥が撮れました……。
あんだけの思いをしてこれだけなのがなんか腑に落ちないとです。

P3100478.jpg
ぶれぶれやけど、なんか食べていたのでその写真を載せます。
何を食べているのでしょうか?

死ぬ思いをしながらなんとか下山もしました。
しばらく山は行きたくないです。
勘弁してくれ。

ふらふらになりながら浜辺でレインウェアを洗ってユースに戻ってまったり過ごしましたとさ。
どっとはらい。


【記録】
アマサギ・カルガモ・オナガガモ・ノスリ・オオバン・ムナグロ・キョウジョシギ・イソシギ・ハクセキレイ・ヒヨドリ・イソヒヨドリ・トラツグミ・ウグイス・メジロ・

だから山は嫌いなんやぁぁぁぁぁ!!

2009.03.23

category: 未分類

小笠原珍道中その3。

本腰入れて母島で生き物を探す日です。
というわけで、3月9日の記録ですよ?。


朝4時半。
早朝鳥見のためにもそもそ起きて準備してお出かけです。
日の出の直前なので暗いですがじゃんじゃかイソヒヨドリは囀りまくりです。
その後はメジロの大合唱。
喧しいなぁ、と思いながらもそれも30分ほどで終了です。
いい体験でした。
ぷらぷらと歩いて鳥を探すもあんましいなくてしょんぼりして港に戻ります。
すると地元民が何かをキョウジョシギにばらまいています。
それは魚肉ソーセージでした。
シギって魚肉ソーセージで餌付けられるんや……。


P3090180.jpg
おかげでこんなにも近くに寄れましたけどね。


P3090202.jpg
ウミガメの産卵場にはムナグロがわらわらいました。
こん中にアメリカムナグロがいるかもしれない!と思ってしまいましたが、識別できる自信がないので写真だけばかすか撮りました。
ほら、誰だって小笠原だからアメリカに近いからいるかもしれないという妄執に取り付かれるっしょ?

P3090253.jpg
なんかグラビアポーズをとろうと頑張っているイソヒヨ。
もこもこしていて可愛いなぁ……。


P3090273.jpg
そして粘ること10分。
ここまで近づいてくれました。
私とこの子は大親友です。
そのあと、親友は行方不明になっちゃいました……。


んで、そろそろ朝御飯なのでユースに戻りました。
朝御飯をもっきゅもっきゅ食べてレンタカーを借りに行って、とりあえず北へ!
レンタカー屋のおっちゃんに、
「北は電波が通じないので何かあったら人を車を止めてでも人に助けを求めてください」
と言われました。
そ、そんな危険なのか?と思ってしまいました。

とりあえず、北に向かって車を走らせて気が向いたら林道に入るという感じでした。
個人的には全ての林道を制覇したかったとです。
んで、途中でメグロが見られましたが写真は撮れず。
北港に着いたら別行動です。
おちはるは泳いで、私は車を使って色々林道巡りです。

P3090302.jpg
ヒヨドリがなんか黒い……。
南方のものほどヒヨドリは黒くなるんでしょうかね?

さて、とりあえず東港に着きました。
目の前にはムナグロちゃん。
P3090317.jpg
奥にはイソシギがいるぐらいでした。

P3090321.jpg
この子も囀っていたのですが、メスも囀るのでしょうか?
それとも若いオス?
わけわからん。


今度は砲台跡へ。
ここは素敵すぎる林道で俄然やる気が出てきます。
メグロも鳴きまくりですし。
それでやってきた!
P3090329.jpg
メグロが撮れました!
しかもこの子は愛想が良すぎて2Mぐらいの近さまで来てくれたのですがピントが合わず残念でした……。
そんでもって目の前で囀りもしてくれて最高でした!
ありがとう!!

そろそろ移動しようとすると、迷ってしまい半分泣きながら歩いている私がいました。
本当に遭難するかと思ったし……。


で、北港に車を停めてぶらぶら歩きます。
すると、四角て大きな布を棒で形作ったものを持って歩いている人が向こうから歩いてきます。
虫屋や……。
話してみると、ガチな人だったので良かったです。
おお、やっとまともな生き物屋に出会えた感動がありました。
少し話してお別れをしてまたぶらぶら歩きます。
すると、近くでウグイスが鳴いています。
その前に突っ立っていると、

P3090348.jpg
来たぁぁぁぁぁ!!
私のカスなAFでもこんなに綺麗に撮れるほど大人しい子でしたよ。


P3090355.jpg
全体的に黄色っぽくて嘴も長いのが特徴です。
亜種ハシナガウグイスです。
うっひょい!

お昼を食べて今度は南へ。
P3090372.jpg
こげな感じの林道を延々と歩いてとりあえず、小富士を目指し黙々と歩き続ける私でした。
だって、声は聞こえても何も見られないから飽きるんですもの。
むきー。

P3090378.jpg
小富士からの風景はこんな感じです。
目の前に鰹鳥島があって、そこにクロアシアホウドリがべちょっと座っていました。
私、アホウドリ類が地面にべちょっと座っているのを初めて見られて感動でしたよ!
写真は撮れませんでしたがね、遠すぎて。
それからは南崎を目指します。
ここでも黙々と歩きます。
足元のトカゲ達を脅かしながら。
南崎も美しい場所でした。
写真はそのうちに……。
整理し忘れた!

この後も黙々と歩いて車にたどり着き、その辺をぶらぶらしていました。
いやー、鳥のポイントと言われている場所を回ってもほとんど鳥がいません。
ああん。
渡りの迷鳥を探していたのですが、時期が早かったのか!?
それとも遅すぎたのか!?
ジシギぐらい見たかったです……。

そんなこんなで一日が終わり、夕日を見るためにあっちこっち行きましたよ。


P3090395.jpg
なんだかんだでこんなに綺麗な夕日が見られて良かったとです。


それから慌てて車を返して一日が終了。
晩御飯ももっきゅもっきゅいただきました。

【記録】
クロアシアホウドリ・カツオドリ・チュウサギ・ノスリ・バン・オオバン・キョウジョシギ・ムナグロ・イソシギ・ハクセキレイ・ヒヨドリ・イソヒヨドリ・トラツグミ・ウグイス・メジロ・メグロ・カワラヒワ

計17種

まだまだ続きますよ?

2009.03.21

category: 未分類

小笠原珍道中その2。

というわけで、3月8日のことですよ?

頑張って5時前に起きて洗顔をしたりコンタクトを入れたりして髪を結ったりして鳥見の準備です。
雨が降っていようと関係なく鳥見です。
レインウェアを着こんでいざ出陣。
んで、ごそごそしているうちに6時ぐらいにデッキに出られました。
そこで下に向かって写真を撮っている人がいて不審に思いました。
するとなんてこったい!

P3080062.jpg
弱弱しく鳥がいるやないですか!!!!
しかも目の前に魚が落ちているのですが、戻したのでしょうか?
もうね、私この嘴の感じで
「……オオアジか?」
となったんですよ。
でも、オオアジでこんな模様でないからなんやろと思い色々とやったわけです。
タイトルは「ナニアジ?」で回しまくったらめっさネタにされましたさー。
あ、後輩とかにメールを送ると、
「アジサシではないです」
と言われて私はパニックでしたよ。

P3080067.jpg
SP-550UZだからできるこの大きさですたい。


P3080069.jpg
この黒の感じ……。
P3080079.jpg
尾羽みょーん。

ま、これらよりシラオネッタイチョウやったわけですが。
つかね、もう最初から「ネッタイチョウ」という概念がすぽーん!と抜けていたのでわからなかったんですよ。
しかもレア度の高いシラオですからね、ここで運を使い切ったに違いありません。
人生初のネッタイチョウの出逢いがこんなことになるなんて……なんか複雑です。
あ、この子はこのまま父島まで無銭乗船しちゃいました。
ちゃんと父島で治療を受けて放鳥もされたようですよ。

んで、トイレに行こうとして反対側に回るとアナドリが目の前を飛んでくれました!
しゃっほい!

そうしているうちにこの子がわからないまま父島に到着。
船が30分遅れたのにははじま丸は定刻どおりと言う鬼展開だったせいで、慌ててお弁当を買って船に乗りましたとも。


さて、この船も揺れます。
でも、鳥が見られれば無問題。
P3080085.jpg
オナガミズナギドリわらわら!
初めてだったので大興奮ですよ!!
なんか全体的にスレンダーな印象が強いです。
しかも写真を見て気付いたのですが、一番上にはカツオドリもいるやないですか!!
なんていう夢展開!
でも、見ているときに気付けなかったのがイタイですがね。

P3080100.jpg
でもでも、ちゃんとカツオドリが単品で見られたからいいんやもん!
もうカツオドリでも大興奮ですよ!!
憧れでしたからねー。
うっほほーい!


2時間ぐらいの船旅も終わり、ユースに荷物を置いて乳房ダムへ向かいます。
途中の神社がメグロポイントと聞いたけど、外しました。
残念!

P3080108.jpg
カルガモ……。
こいつらは渡ってきたのでしょうか?
ここで見かけるなんて思っていなかったのでびっくりしました。

P3080110.jpg
乳房ダムに着くと、ノスリが飛んでくれます。
酷い写真や……。
ダムにはサギ類とオナガガモがいたくらいです。


帰りに港の近くを歩いていると、シギが飛びました。
「キョウジョっぽいなー」
「私はシギとしかわかりませんでした」
頼む、真面目に見ようぜ……。

キョウジョっぽいとは思いましたがキョウジョよりも黒かったのでなんだなんだ?と思いシギチハンドブックを見てみます。
ま、まさかクロキョウジョ……!?
というのは本気で考えましたが、次の日でぶち壊された妄想でした。
キョウジョの冬羽もかなり黒いですし、また暗かったのでそのように見えたのでしょう。
残念。

そんなこんなで晩御飯を食べてまったりしましたとさ。

【記録】
+?父島航路+
クロアシアホウドリ・アナドリオナガミズナギドリ・ハイイロミズナギドリ・ハシボソミズナギドリ・ウミツバメsp.・シラオネッタイチョウ
+父島?母島航路+
クロアシアホウドリ・オナガミズナギドリ・カツオドリ・ムナグロ・バーニーズマウンテンドッグ2

+母島(乳房ダム周辺)+
ダイサギ・チュウサギ・コサギ・カルガモ・オナガガモ・ノスリ・キョウジョシギ・ハクセキレイ・ヒヨドリ・ウグイス・メジロ

ライファーは4種!
しかし、クロアシはわらわらいたわー。
まともに見たことがなくて嬉しかったからいいや!

2009.03.21

category: 未分類

小笠原珍道中その1。

ものっそ今更ですが3/7?3/12まで小笠原の母島へ旅行に行っていました!
もうね、色々ありすぎですよ。
もっと生き物は探したかったですね?。
また行きたいです。
行けるかわからんが。

とりあえず、それぞれの日について書いていきましょうかね。

???3月7日???
前日に頭がショートしてしまい軽く鬱になりかけながら竹芝桟橋へ。
待ち合わせ時刻を指定してきたおちはるが時間になっても来ないでほげーと過ごす。
なんとか乗船手続きをしてやっとこおがさわら丸へ。
最初の1時間はほげーと部屋で過ごし、11時半ぐらいからデッキに出て鳥見をはじめます。
東京湾内ではカモメ類とかカワウとかを増やすために見ているようなもんです。
んで、1時間ぐらいしておちはるもやってきて二人で観察です。
ぱらぱらとミズナギドリ類が出てきますが、オオミズばっかで飽きてきます。
時折コアホも出てくれますがねー個体数が少ないとです。

それでも観察をしていると、ちょっと高いところを飛んでいてソアリングしない腹が出ている鳥がいました。
「トウゾクカモメ!」
と叫びましたとも。
久しぶりのトウゾクカモメ、もううきうきでしたね。
観察しかできませんでしたが。
んで、お手洗いに行こうとすると、クロアシアホウドリが飛んでいます。
慌てておちはるを呼びに行きましたとも。

一度だけミナミオナガも出たのですが時間がわからんので詳しくかけません。
つか、時間ぐらい書こうぜ、私……。


ウミツバメ類も出たのですが、同定できませんでした。
というかですね、この航路で一番スキルがあるのが私という時点で
「終わった……」
となりましたよ。
ああ、もっと私よりも鳥ができる人と一緒に乗りたかったぜ……。

P3070017.jpg
運が良けりゃ、こんな風にわらわらいるのですがねー、識別が間に合わないんです。
頑張れ、私。



そんなこんなでほげーとして過ごしていると、あっという間に17時になったので終了。
8時過ぎには爆睡していましたさー。


【記録】
コアホウドリ・クロアシアホウドリ・オオミズナギドリ・ミナミオナガミズナギドリ・ウミツバメsp.・カワウトウゾクカモメウミネコ・セグロカモメ・オオセグロカモメ・ユリカモメ・カラス


2009.03.17

category: 未分類

鎌倉ノープラン。

昨日は心友と鎌倉をぶらぶら歩き回りました。
あ、心友は福岡の友達で付き合い始めて何年やろ?
9年目ぐらいでしょうか?
長い付き合いです。
10年目にはなんか記念に阿呆なことをやりたいものです。


さてさて。
どこに行きたいというものもないので、ノープランで歩き回ったわけです。
階段が多くなると二人揃って心が折れているのもいい思い出です。
P3160012.jpg
これは……円覚寺ですかね?
どこをどう回ったのかがさっぱり思いだせんとです。
あ、真ん中に写っているのが心友ですよ。
可愛らしい格好でしたよ?。

P3160030.jpg
サクラも咲いていました。
これはメオトサクラというものらしいです。
色が濃くて綺麗なサクラでした。

北鎌倉から鎌倉までぶらぶら歩いて一日を過ごしました。
あ、頼朝公の墓にも行きましたよ。
何にもない場所でした。
おやつの汁粉も美味しかったとです。

帰りは藤沢のジュンク堂でBIRDERを買って、晩御飯を食べようとしました。
「和食がいいね?」
とお互いに言っていましたが、携帯のホットペッパーを利用して検索。
イタリアンのお店に行こうということになりました。
すでにジャンルが変わっとる。
しかも、店が見つからなかったので迷った周辺にあったフランス料理のお店へ。

P3160061.jpg
老舗の雰囲気を醸している素敵なお店でした。
奮発してコースを頼んだのですが。どれもこれも美しくて美味しいんですよ!
黙々と若い女2人が食べていましたからね。
あまりにも美味しくてパンのおかわりもしちゃいましたからね。
おかげでお腹いっぱいでした。
あ、写真はデザートのロールケーキとバニラアイスです。
これが運ばれた時に、
「可愛い……」
と呟いたものです。
お店はテーブル席のみで、14席。
いやー、いいお店でした。
また行きたいお店ですね。


楽しかったなぁ……。

2009.03.14

category: 未分類

いやはや。

小笠原の写真整理は無理矢理終わらせましたが、まーったくアップロードしていませんので記事が書けんとです。
あいつらアップロードするのにどんくらいの時間がかかることやら…。

似たような写真が多くなるでしょうが、気にしないでください。

はー現実から逃げたい。

2009.03.07

category: 未分類

いってきま?。

P2220521.jpg
というわけで、これから小笠原に行ってきます!
帰ってくるのは12日の予定ですたい。

ではでは卒業旅行楽しんできます♪

あ、写真はトトロですよ。

2009.03.06

category: 未分類

羽。

P2220541.jpg
必死になって羽繕い中。
これも不忍池ですね。

羽がぐちゃぐちゃになっていますが、この濃淡は美しいと思います。
この羽も進化の賜物。
進化って面白いし興味深いし美しいとです。

何気にこの子バンティングされていますね。
さっき気付いたとです。

2009.03.05

category: 未分類

ブラックジャック!?


このネコを見た瞬間、
「ブラックジャックや!!」
と思いました。
けど、実はあんまし似ていませんでした。
思い込みって最強ですたい。

たぶん、顔の黒白の分け目が傷跡チックに見えたからやと思います。

2009.03.05

category: 未分類

ぽてぽて。カササギ


今回は実感周辺でのカササギの目撃数はかなり多かったくせにほとんど写真が撮れませんでした。むきー!
フィールドに出ていて思うのですが、大体ペアで行動している鳥が多かったです。
カササギもその一つです。
今回チャリンコ族としてブイブイいわせてみた範囲では、巣は5?7あったように感じます。
そこそこあるのではないでしょうか?
ただ、ちょっと気になるのは去年と全く同じ場所に巣があったことです。
ほとんどは去年とは異なる場所なのにです。
これは、同じペアが作ったんでしょうかね?
繁殖に成功していい場所だと判断したのでしょうか?
まだまだ謎が多いとです。

2009.03.05

category: 未分類

春告げ鳥。


春告げ鳥の一つといえば、コチドリです。
本当は前もってコチドリがいるのは知っていたのですが、実際目にしてみると、
「春だなぁ」
としみじみ感じました。

はーコチドリ丸いなー。

2009.03.05

category: 未分類

白魚とカモメ達。


カモメと言っても、ユリばかりでしたが。
これも室見川の風景です。
もう白魚漁が始まっているようです。
早いなぁ。
関係ないけど、私はまだ白魚を食べたことがないんですよ。
というか、食べたことがあったとしても記憶にありません。
「白魚=踊り食い」というイメージはおかしいのでしょうか?

あ、この中には探せばただカモメもいました。
カモメもだんだんいなくなるのですね。
寂しい!

2009.03.05

category: 未分類

コケガラス。


室見川でふらふら歩き回っていると、たぶんボソガラスがコケをえっさほいさと銜えていました。
私、カラスのこのような行動は初めてなのでよくわからないのですが、食べているわけではないので巣材にでもするんでしょうかね?
カラスって木の枝とかハンガーとかビニールテープとかそういうイメージなんですが、どうなんでしょうかね?
コケ……床材か?
今時の鳥

Copyright ©そうだ、鳥見に行こう. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。