[PR] フランチャイズ そうだ、鳥見に行こう 鳥のビオソフィア?山科コレクションへの誘い?展。
FC2ブログ

社会人になったけど、切羽詰りすぎ。

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

2008.03.28

category: 未分類

鳥のビオソフィア?山科コレクションへの誘い?展。

えー、行ってまいりましたよ東大に。
派手オブジェ。
巨大オブジェがお出迎えです。


行きは迷わなかったのですが、帰りはちょっと迷いましたよ。
目印がなかったとです。

さてさて、「鳥のビオソフィア」は全体として見るとかなり良い展示でした。
あえて難癖をつけるとしたら、山科鳥類研究所が関わっているのだからもう少し学術的なものを充実させてもよかったのではないのでしょうか?
そこが物足りなかったのですが、許容範囲内です。
骨の展示も面白かったのですが、やはり見入ってしまうのが剥製です。
タカ類の剥製のレベルは高いです。
まぁ、観賞用として重宝されているから「芸術品」という括りですしね。
個人的には最後フロアにオナガガモ♂がいて嬉しかったですv
やはり時代はオナガガモなのです。
エリマキシギもきちんと♂夏羽でしたしね。
しかも2匹。
あれは見れて良かったなー。

家禽類は主にニワトリばっかでした。
しかしそれもずらりと並べられると圧巻です。
品種多いから憶えられそうにはないですけどね。


一番印象に残っているのは、研究者の部屋を再現した展示です。
壁と床が真っ赤なのちょっと辛いですが、英語の生物に関する文献があったりタイプライターが置いてあったりと情緒がありまして私のお気に入りです。
あんな部屋に一度は暮らしたいものです。
すぐに飽きるでしょうが。

文献では江戸時代の図鑑なのかな?
それが置いてありました。
一個だけわからない鳥がいたんですよ。
ミゾゴイに見えたのですが、うーん、変な名前だったからよくわかりません。
あ、それにはトラツグミのことを「鵺」と表記してあったのが面白かったです。
絵はまぁ、日本が独特の雰囲気はありますがリアリティがありそこらの図鑑よりもわかりやすいのではないかとその時は思っていました。
特徴がデフォルメされていますから。
この文献はもっと見たかったなー。

なんかそんな感じです。
無料なので是非是非皆さんもご覧になってください!!
行く価値はありますよ!!!
スポンサーサイト

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

今時の鳥

Copyright ©そうだ、鳥見に行こう. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。