[PR] フランチャイズ そうだ、鳥見に行こう 太平洋を渡ろう!
FC2ブログ

社会人になったけど、切羽詰りすぎ。

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

2008.11.19

category: 未分類

太平洋を渡ろう!

えー、ワイバードの大洗?苫小牧航路に乗りました。
いやはや興奮ものでしたよ。
うふふ♪

+++10月14日+++
ゼミが終わるとすぐに水戸駅へ!
鈍行に揺られてのんびりと行きましたよ。
だって金ないから。
で、南口でずっと待っていたのですがバスが来ないんですよ。
なんでだ?となっていると実は北口だったらしい。
なんてこったい!
連絡したら迎えに来てもらいました。
VIP待遇です。
早々に寝て次の日に備えましょうかね。


+++10月15日+++
夜中にえらく船が揺れて気持悪くて目が覚めることがしばしば。
あまり寝られていないけど起きてみるとちょうご日が昇っていました。
綺麗やったなぁ。
撮り損ねたけど。

さて観察や!

最初は出なかったけど、じょじょに出てきた!
PB150595.jpg
わらわら……。
オオハムが飛んでいくのも観察できたので満足ですたい。
コアホもわらわら出てきて初めてやったから、もう興奮しまくりですよ。
大きいなぁ、綺麗やなぁ。
で、コアホを探しまくっているとクロアシアホもいたので観察してたんですよ。
遠くて必死になって見ていたら翼のところに白パッチがあったんですよ。
だからなんや?となっていたら、
「アホウドリ!」
と叫ばれたんです。
おお!?
言われてみればそうだ!
写真を撮ろうとしても遠すぎて諦めましたさー。

だから近くを飛んでくれるトウゾクカモメでも撮りましょうかね。
PB150606.jpg
ちゃんと上尾筒のしましまもパパラッチ!

PB150621.jpg
コアホも近くをばびゅーんと飛んでくれます。
コアホは愛想がいいんですよ。
ゆっくり飛んでくれるし進行方向と同じ方向に飛んでくれるから。
観察しやすくて撮りやすいっていいことや。


PB150627.jpg
ミツユビカモメもわらわら出て来始めます。
外洋性のカモメということをこの時に知ったのです。
私の知識なんざそんなものさ?。
だからこんなにわらわらいてくれて嬉しかったんです。


PB150628.jpg
ミツユビが飛んでいきますよ!


PB150644.jpgトウゾクもふわふわと目の前を飛んでくれるので好きです。
トウゾク……いつかあの尾羽を見たいですね。
そんでもっていつかトウゾクカモメ類でグランドスラムを決めたいものです。


PB150651.jpg
今回の航路では色んなところでわらわら飛んでくれるので私のような初心者は見ていて飽きませんでした。
見るたびにうわーと感嘆ものでしたから。

金華山周辺まではめっちゃ楽しかったのですが、お昼ぐらいからあんまし出なくてほげーとしていました。
勝負は青森沖ということでもそもそデッキでお菓子を食べながら時間を潰します

そして時間は15時。
なんかコアホの20?30ぐらいの群れがぷらぷか浮かんでいるんですよ。
何グループもそんなのを見ていると、このあたりは多いのかなぁ?と思っていたんです。
PB150670.jpg
こうやって飛んでいくのも沢山いましたよ。

しばらくすると、ミツユビ・オオミズ・ハシボソミズ・フルマ・トウゾク・コアホの混群にぶつかりました!
もうね、興奮しまくりですよ。
だって、こんなにわらわら海の上で見られるなんて思わなかったんやもーん!
だからもう興奮しながら観察&撮影です。

PB150679.jpg
ミツユビの若い個体!
背中のM字が特徴です。


PB150693.jpg
こんな感じでコアホがぷかぷか浮かんでいるのです。


PB150694.jpg
コアホとフルマの競演!
でも、このフルマを見るとカワラヒワに見えて仕方がないとです。
なんというか、配色が一緒に見えてしまったんですよ。
そういうもんです。


PB150709.jpg
ハシボソミズナギドリ!
でこっぱち!
もう、ハシボソの翼下面はパターンが多すぎです。
覚えないといけないのかしら?


PB150713.jpg
たぶん、トウゾク。
なんとなく。


PB150714.jpg
混群わらわら。


PB150721.jpg
たぶん、ハシボソ。
でこっぱちやから。
私の識別はそんなものです。


PB150731.jpg
とんでもなくひどいアカアシミズ!
最初なんだかわからなかったのですが、教えてもらったらすぐにわかりました。
うん、狙って撮っていませんから。
たまたま写っていたんですよ。
そういうもんです。


PB150736.jpg
でっぷりなトウゾク。
最初オオトウゾクか?と思ったのですが、オオトウゾクはここまで腹が出ないらしい。
ほー。


PB150737.jpg
とりあえず、コアホも飛んでくるので撮りましょうかね。
撮って欲しいといわんばかりに目の前に来るんですもの。
そりゃ撮らなきゃ悪いってもんですよ。

混群も消えてまったりしていたらクロアシアホウが浮かんでいました。
隣にあたごみを突いて遊んでいました。
誤飲しないでね!

このとんでもない混群は40分以上は楽しめました。
つか、多すぎて何がなにやらってな感じでしたよ本当にもう。
全部でいったい何羽いたのでしょうかね?
もはや数える気すらないようでしたよ、みんな。
あんなにもコアホがいることに驚きでしたし、トウゾクもうじゃうじゃ出てくれるし、フルマも出てくれるし、オオミズはどうでもいいとして、ハシボソミズもいたり、ミツユビもてんこ盛りでどうしようかとなりましたよ。
想像以上の数に興奮しまくりでしたね。
おかげであんまし記憶がないとです。
あ、この中にオオトウゾクやアカアシミツユビやハイイロミズもいたそうな。
オオトウゾクを見逃したのが痛い!
アカアシミツユビは飛翔だとわからんのでいいや。

思ったよりもずっと楽しめたので良かったです♪



【記録】
オオハムコアホウドリクロアシアホウドリアホウドリ・フルマカモメ・アカアシミズナギドリ・ハシボソミズナギドリ・ハイイロミズナギドリ・ミナミオナガミズナギドリ(未)・ヒメウ・スズガモ・ビロードキンクロ・トウゾクカモメ・オオトウゾクカモメ(未)・セグロカモメ・オオセグロカモメ・ウミネコ・ミツユビカモメ・ワシカモメ・アカアシミツユビカモメ(未)・ウトウ・ウミスズメ

計23種
ライファーは色つきで8種!
あ、参考記録も一緒に書いているのであしからず。

ではでは、今度は復路の話でもしましょうかね。
ばはは?い!
スポンサーサイト

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

今時の鳥

Copyright ©そうだ、鳥見に行こう. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。